ぼくのぱんわたしのぱん(神沢利子/ぶん・林明子/え)

食べ物ができるお話って好きです。
食いしん坊なせいも多分にありますが、食べ物や、それを作ってくれる人やものに感謝する気持ちになれるからです。
そしてこの絵本のように、おいしそうな絵が描かれていると尚いいです。
焼きあがったパン、きらきら光ってていい香りまで漂ってきそう…とってもおいしそうです。

ぼくのぱん わたしのぱん (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)
福音館書店
神沢 利子

ユーザレビュー:
子供はパンが好き某絵 ...
やっと出会えた一冊子 ...
図書館で読んでそのま ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




ぼくのぱんわたしのぱん
楽天ブックス
かがくのとも傑作集 著者:神沢利子/林明子出版社:福音館書店サイズ:絵本ページ数:27p発行年月:1


楽天市場 by ウェブリブログ



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『か』行の作家さん

    Excerpt: カーラ=カスキン  どれがぼくかわかる?  http://50595192.at.webry.info/200810/article_6.html 貝塚茂樹  世界の歴史1 古代文明の発見 .. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-10-07 17:58