あひるのバーバちゃん(神沢利子/作・山脇百合子/絵)

あひるのバーバちゃん、童話版には『あひるのバーバちゃん』と『バーバちゃんととんできたぼうし』の二つのお話が収められています。
このふたつのお話は、それぞれ絵本でもあるらしです。

あひるのバーバちゃんののんきさ加減がとってもいいです。
見習いたいくらい。ひよこたちや子ねずみたちの傍若無人っぷりもなんだか憎めません。
そして山脇百合子さんの絵が、文章にぴったりでこれまたかわいらしいです。

小2の娘も気に入ったらしく、
「あひるのバーバちゃん♪ふふ~♪」
と歌いながら読み終えた本をしまっていました。

あひるのバーバちゃん (幼年おはなしどうわ (4))
偕成社
かんざわ としこ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『か』行の作家さん

    Excerpt: カーラ=カスキン  どれがぼくかわかる?  http://50595192.at.webry.info/200810/article_6.html カール・ノラック  わたしはだいじなたからも.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-10-18 22:23