ブタのこどもとおかあさん(佐々木マキ/作)

「ブタのこどもとおかあさん」「サイのこどもとおとうさん」「タコのこどもとおかあさん」の短い三つのお話からなっている絵本です。
かわいいね、って単純にくすっとするのもいいかもしれませんが、ちょっと見方を変えると尚面白いかも。
「ブタ~」は、子供たちで勝手に遊んでくれると親は楽だけど、子供たちだけだととんでもないことをしでかすことがあるから大変だよね。
っていう裏メッセージを読み取ってみたりとか、
「サイ~」は、そのまま受け止められるかな。
二人で頑張ったんだから半分こ、っていう子供の優しさがいいです。
「タコ~」は、子供は大人が見てない隙を狙ってろくでもないことをするよね、っていうメッセージがこめられてるのかな、なんて思いました。
どうかな?穿たないで絵本は素直に見るべきかな?(笑)



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『さ』行の作家さん

    Excerpt: 斉藤洋  たんていワンダ  http://50595192.at.webry.info/200804/article_17.html  ペンギンたんけんたい  http://50595192... Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-09-28 16:11
  • 佐々木マキの作品

    Excerpt: 佐々木マキ  ぶたのたね  http://50595192.at.webry.info/200710/article_1.html  またぶたのたね  http://50595192.at.w.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-12-09 22:44