ねずみのすもう(神沢利子/文・赤羽末吉/絵)

言わずと知れた昔話のひとつです。
日本に伝わる昔話の多くに共通して言えることだと思うのですが、この本にも『貧しくっても、優しさとユーモアを忘れずに生きていきましょうね』と言ったメッセージがこめられています。
このあと、よくばり爺さんやばあさんが出てくるパターンも多いですが、この本はその一歩手前でめでたしめでたし。

ねずみのすもう (日本のむかし話 (2))
偕成社
神沢 利子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




ねずみのすもう
楽天ブックス
日本のむかし話 著者:神沢利子/赤羽末吉出版社:偕成社サイズ:絵本ページ数:1冊発行年月:1983年


楽天市場 by ウェブリブログ



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『か』行の作家さん

    Excerpt: 貝塚茂樹  世界の歴史1 古代文明の発見  http://50595192.at.webry.info/200803/article_12.html 薫くみこ  あのときすきになったよ  h.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-08-26 16:11