さんびきのちいさいどうぶつ(マーガレット・ワイズ・ブラウン/さく・ガース・ウイリアムズ/え)

さんびきのちいさいどうぶつの種類はなんなのか、どこにも書かれていません。
ただ、人間とは違うもの、として描かれいます。
ちいさいどうぶつは、人間のふりをして町に溶け込むのですが、最後は元いた場所に戻ります。
ふつうの読むと意味が分からないのですが、もしかすると哲学的な絵本だたりするのかなあ?
例えば、自分とは何か?と思ったとき、さしあたって誰かの真似をしてみる。
楽しいけどなんか違う。ちょっと居心地が悪い。
やっぱり自分は自分なんだ。誰でもなく自分なんだ。みたいな。

さんびきのちいさいどうぶつ
ペンギン社
マーガレット・ワイズ・ブラウン

ユーザレビュー:
さあ かえろう!やわ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




さんびきのちいさいどうぶつ
楽天ブックス
著者:マーガレット・ワイズ・ブラウン/ガース・ウィリアムズ出版社:ペンギン社サイズ:絵本ページ数:1


楽天市場 by ウェブリブログ



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『ま』行の作家さん

    Excerpt: マーイケ・デ・レーウ/リヒャルト・デ・レーウ  ちいさなあかちゃん、こんにちは!  http://50595192.at.webry.info/200807/article_7.html マージ.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-08-11 15:02