第138回直木賞候補作についての個人的ランキング

第138回の直木賞候補作を全部読み感想をアップしたので以下にまとめてみました。

井上荒野『ベーコン』平成19年/2007年10月集英社刊
http://50595192.at.webry.info/200803/article_15.html

黒川博行『悪果』平成19年/2007年9月角川書店刊
http://50595192.at.webry.info/200807/article_47.html

古処誠二『敵影』平成19年/2007年7月新潮社刊
http://50595192.at.webry.info/200801/article_43.html

桜庭一樹『私の男』平成19年/2007年10月文藝春秋刊
http://50595192.at.webry.info/200804/article_20.html

佐々木 譲『警官の血』(上)(下)平成19年/2007年9月新潮社刊
http://50595192.at.webry.info/200808/article_14.html

馳 星周『約束の地で』平成19年/2007年9月集英社刊
http://50595192.at.webry.info/200801/article_21.html

ちなみに私の順位付けは次の通り。

1、警官の血(佐々木譲) ダントツの1位です!なんでこの作品が受賞しなかったの?激しく疑問です。
2、約束の地で(馳星周)
3、ベーコン(井上荒野)
4、悪果(黒川博行)
4、敵影(古処誠二)
6、私の男(桜庭一樹) 

ちなみに、この時の【選考委員】の方々は…

(敬称略)

浅田 次郎
阿刀田 高
五木 寛之
井上 ひさし
北方 謙三
林 真理子
平岩 弓枝
宮城谷 昌光
渡辺 淳一

でした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • インデックスはこちら♪

    Excerpt: 20作品以上感想を載せている作家さんについては独立してまとめてあります(敬称略) Weblog: 読書感想&日常のつぶやき♪だってそう思っただけ♪ racked: 2017-07-28 12:31