橋のない川(一)(住井すゑ/著)

中3の時母親に薦められ、その時は挫折しましたが、この年になって改めてリベンジです。
文明開化に伴っての四民平等、歴史の教科書ではお触れがあった事実だけが述べられていますがそんなにすぐにいきわたるはずもなく…なくならない差別のなかで運命を受け止めて生きる大人と、運命ってなんだろう?と疑問を抱く少年の生活が様々なエピソードと共に描かれいます。
昨今、「いじめはよくないからやめましょうね~」って言ったってなくならないわけだし、それが歴史上肯定されてきた差別なら、なくならないのは人間の性として当然といえば当然なのかもしれませんが…。
差別される側の生活を通して描かれる部落差別問題。
人として扱われないその生と死に胸が痛みます。
人を蔑むって気分がいいものなんでしょうね。
蔑まれるのは誰だっていやなのは明白なのに。
エタと呼ばれる人たちがそう呼ばれる所以は、不浄な仕事についていることにあるのですが(全部が全部そうであるのかは知識不足にて不明)、その仕事はなければ困るものであり、エタと言って差別をしている人たちだってその仕事の恩恵を受けているのに、その事実にはキレイに蓋をし、ちゃっかり差別だけをしているところが人間の浅ましさをさらに浮き彫りにしています。
天皇を神聖化していることに対する疑問もさらっと投げかけられており、大胆な作品だな~と改めて感心しました。
エタはエタに生まれたからダメなのではなく、エタとして差別を受けるからダメになるのであり、本人の努力では超えられない壁を作って優秀なものを蹴落とす悪知恵には悪寒が走ります。
作中にも、どんなに努力してもダメな人間がいるのは気分がいいと感じている人物が描かれています。
どんなに悪だと論じる人間がいても、差別はなくならないんでしょうね…
一度優越感を感じてしまった人間は優越感を捨てがたいし、優越感を感じ続けるためだったらどんどん新しい差別を作りあげるでしょうし。
この作品を読み、憤ったり苛立ったりするのは、自分が下のほうの人間だからなんでしょうね。
上のほうの人間が読んだら、下なんだから当たり前じゃん。這い上がろうって方がどうかしてる。
なんて思うんでしょうね。
それから、江戸時代からある米相場の話には思いっきり苦笑しました。
今まさに世界規模で石油がそういう取引をされ、庶民は苦しめられてますからね。

橋のない川〈1〉 (新潮文庫)
新潮社
住井 すゑ

ユーザレビュー:
日本の影の部分明治維 ...
みずみずしい文章です ...
何も知らなかった。愕 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




橋のない川(第1部)改版
楽天ブックス
新潮文庫 著者:住井すゑ出版社:新潮社サイズ:文庫ページ数:672p発行年月:2002年06月この著


楽天市場 by ウェブリブログ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『さ』行の作家さん

    Excerpt: 斉藤洋  たんていワンダ  http://50595192.at.webry.info/200804/article_17.html 鷺沢萠  ビューティフル・ネーム  http://505.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-07-21 13:25
  • 読書感想文コンクールの課題図書(高等学校編)

    Excerpt: 子供の頃、夏休みに頭を悩ませた人は多いと思う読書感想文コンクールの課題図書。 読みたくもない本読まされる上に感想文まで書かされるという地獄の宿題(笑)。 あの頃はあんなにイヤだったのに、最近になっ.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-07-21 13:26
  • 『す』から始まる作家さん

    Excerpt: 末吉暁子  もりのかくれんぼう  http://50595192.at.webry.info/200809/article_56.html 杉本章子  東京新大橋雨中図  http://50.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-01-03 16:42