サラ・ベルナールの一生 (1962年)(本庄桂輔/著)

1962年の読書感想コンクール、高校生部門の課題図書です。
フランスに興味はなく、サラベルナールという女優も知らないで読みました。
その生涯を舞台に捧げた大女優の人生が綴られている一冊です。
いわゆる伝記なのですが、もっと小説仕立てだったら面白く読めたかも…と思いました。
彼女自身は魅力のある人だと思うのですが、いかんせん文章に吸引力が感じられず、読むのにとっても時間がかかってしまいました。
書の終わり辺りに、サラベルナールという女性をよく表していると思われる、彼女自身の言葉があったので書いておきます。
『人生は永生きしたといっても短いものです。あたしたちは自分を知り、認めてくれて、審(さば)いてくれ、また、自分の罪を許してくれ、同時に、自分も同様の愛情と寛大さを持っているその人たちのために、生きなければならない。人を憎むなんてことは滅多にすべきことではないし、それは、心を労することだから、そういうことには、大いに無関心で過ごすべきだ、但し、憎んだことを忘れてはならない』
この部分を読み、私はいたく共感しました。
自分の中の漠然としたものがきちんと言葉になっているのを目にして何度も何度も読み返しました。
ところで、このサラの言葉に対し、著者の本庄桂輔氏はこうコメントしています。
『最後の文句は、いかにもサラらしい、というよりは、西洋人らしい執念である。』
…ということは、私って西洋人ぽい執念を持っているってことになるのかも知れません(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『は』行の作家さん

    Excerpt: バージニア・リー・バートン  いたずらきかんしゃちゅうちゅう  http://50595192.at.webry.info/200712/article_7.html バーネット  小公女 .. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-05-21 21:48
  • 読書感想文コンクールの課題図書(高等学校編)

    Excerpt: 子供の頃、夏休みに頭を悩ませた人は多いと思う読書感想文コンクールの課題図書。 読みたくもない本読まされる上に感想文まで書かされるという地獄の宿題(笑)。 あの頃はあんなにイヤだったのに、最近になっ.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-05-21 21:48
  • 『ほ』から始まる作家さん

    Excerpt: 星川清司  小伝抄  http://50595192.at.webry.info/200711/article_6.html 星省二  びっくり少年物語サブロー  http://505951.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-01-11 14:33