オーデュボンの祈り (新潮ミステリー倶楽部)(伊坂幸太郎/著)

しゃべるカカシと聞いて、真っ先にドーム郡物語を思い出す私ですが、似てるような似てないような…。
カカシ像が近い?モデルだったりする?などと思いつつ読みました。
この作品の前に『数学的にありえない』(上)を読んだのですが(下はまだ)、「未来はいくつもの枝葉に別れています」「来る未来も、来ない未来も、可能性としては」という理論がどっちにも扱われているなあ、と思いました。
そしてこの理論は私に合うので、ひっかかることなくすらすら読めました。
カカシの最期に至るまでのカカシの心境?が明かされて行くラストと、最後の最後に綴られているまだまだ幸せなカカシの姿が印象的です。
ああ、ここから苦難の年月に向かって行くのだなあ、と。
けど、デビュー作ってことで、伊坂ワールド全開って感じではないですね。
こめられていることの半分くらいしかキャッチできてないくすぶった感じが残りました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『あ』行の作家さん

    Excerpt: 青木和雄、吉富多美、共著   ハッピーバースデー   http://50595192.at.webry.info/200703/article_92.html 青島幸男  人間万事塞翁が丙午 .. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-05-16 22:49
  • 『い』から始まる作家さん

    Excerpt: E=ジャック=キーツ  ピーターのいす  http://50595192.at.webry.info/200711/article_16.html イギリスの昔話  三びきのこぶた  htt.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-01-11 14:16