別冊図書館戦争 1 (1)(有川浩/著)

噂通りに甘々全開でした。
『図書館革命』は未読だったので(図書館の民の悲しいところ)、簡単な筋だけサーチしてから読みました。
プロセスを楽しむ小説であり、先に筋が分かったところで支障はない(と思っている)ので。
おそらく、この本を手に取った人のほとんどが『図書館シリーズ』からのファンの方で、そこに若干、激甘の帯に引かれた人がいるくらい?
かなり評価高いみたいですね。
かく言う私も『図書館シリーズ』からのファンなのですが、ファンだからぎりぎりセーフってとこです。
いきなりこの本からだったら確実に引きました(笑)
上官と部下としての絆を知っているので許せる甘さ。
二人のここまでの歩みを知っているから許せる甘さ。
親しい友人のまどろっこしい恋愛のおのろけは聞けるけど、それ未満の人の話は鬱陶しいだけ、という私なので(笑)
スピンアウトも続編があるみたいなので、一番好きなキャラ柴崎編を是非読みたいです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『あ』行の作家さん

    Excerpt: 青木和雄、吉富多美、共著   ハッピーバースデー   http://50595192.at.webry.info/200703/article_92.html 青島幸男  人間万事塞翁が丙午 .. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-05-06 22:11