ラ・タ・タ・タム―ちいさな機関車のふしぎな物語(ペーター・ニクル/文・ビネッテ・シュレーダー/絵)

この本、『夜は短し歩けよ乙女』(森見登美彦)の陰で名が広まった気がします。
ある本を読んでいて違う作品が出てくると気になりますよね(笑)
不思議で賢い白い機関車のお話です。
絵がちょっと不思議な感じです。
ページの端っこにマチアスがいるのが見えて「早く追いつくといいね~」と思いつつ、機関車のちょっとした冒険を楽しませてもらいました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『は』行の作家さん

    Excerpt: バージニア・リー・バートン  いたずらきかんしゃちゅうちゅう  http://50595192.at.webry.info/200712/article_7.html バーネット  小公女 .. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-05-04 14:19
  • 『へ』から始まる作家さん

    Excerpt: ペーター・ニクル  ラ・タ・タ・タム―ちいさな機関車のふしぎな物語―  http://50595192.at.webry.info/200805/article_10.html ペギー・ラスマン.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-01-11 14:04