夜は短し歩けよ乙女(森見登美彦/著)

最初は「なんだコレ?」と思い、なかなかストーリーに入り込めませんでしたが、だんだん面白さが伝わって来ました。
なんというか…
『達筆ないたずら書き』
みたいな本です。
明治か大正が舞台かと思わせる知識と教養にあふれた丁寧な文体と言葉と、真面目な言葉で冗談を飛ばすところが私にマッチしました。
奇想天外でありながらキレイにまとまっているところもよかったのでは?
これが砕けた文体や言葉で書いてあったらつまらないと思いますが、うまいですね。
ですが、読む者をかなり選びそうですね。
知らずの間に人や事件を呼んでしまう『彼女』の魅力、私には伝わりました。
けどちょっと物足りない感じがあるのも事実ですが。
『詭弁』『ご都合主義』万歳!(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『ま』行の作家さん

    Excerpt: マーグレット・レイ  どうながのプレッツェル  http://50595192.at.webry.info/200711/article_12.html 前田まゆみ  リボン♪ららら  ht.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-04-27 17:08
  • 第137回直木賞候補作についての個人的ランキング

    Excerpt: 第137回の直木賞候補作を全部読み感想をアップしたので以下にまとめてみました。 Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-04-27 17:22
  • 『も』から始まる作家さん

    Excerpt: モーリス・センダック  かいじゅうたちのいるところ  http://50595192.at.webry.info/200809/article_34.html もきかずこ  うんのいいおばあさ.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-01-01 16:06