図書館危機(有川浩/著)

いやあ、期待通り面白かったです。
キャラは立ってるし、どのエピソードもしっかりしていて手落ちなし。
戦闘、人間関係、ベタ甘、どれをとっても最高♪
ベタ甘も、しつこい甘さじゃないところが私好み。
主要メンバーは誰も彼も揃いも揃って魅力的だし、読んでてかなり気分がいいです。
堂上教官や小牧教官や玄田教官みたいな上司がいたら部下もしっかり育つよね~。
部下を持つ人は読んで参考にしたらいいかも、なんて真剣に思っちゃいました。
郁には、恋も仕事も頑張ってほしい。
柴崎にも、美人コンプレックスを乗り越えて欲しいなあ。
次の『図書館革命』を読むのが楽しみでありもったいなくもあり。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『あ』行の作家さん

    Excerpt: 青木和雄、吉富多美、共著   ハッピーバースデー   http://50595192.at.webry.info/200703/article_92.html 青島幸男  人間万事塞翁が丙午 .. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-04-22 21:44