家守 (光文社文庫)(歌野晶午・著)

『葉桜~』に続き、読むのは二作目なのですが、この作家さんの描くもの、結構好きかもしれません。
基本的に、ばらばらなパーツを目の前に並べてそれを組み立てていく手法と、実は…のあとにさらに実は…と重ねる手法がお好きなようですね。

『人形師の家で』
そこにい続けなければならない者と、真実が闇に葬り去られてしまった空しさを抱えた者が、これからまだ続く時間を前にしてやり取りをするラストがいいです。

『家守』
序盤であらかた筋は読めてしまい、最後まで読んでも大きく外れることはありませんでした。
トリックは…現実味あるんでしょうか…。
この話はちょっと微妙な感じがしました。

『埴生野宿』
これもそこそこ筋が読めました。
けどつまらなかったわけではなく、筋が読めてもつまらなくないところがすごいなあと思いました。

『鄙』
最後にさりげなく、けどしっかり抑えられて(書かれて)いるのですが、結局、瀬戸山の後は続かないでしょうね…
となると、恩恵を受けるのはそう長い間のことじゃないわけで…となると、今困る人たちのためだけに今困る人たちが行ったことなんだなあ、と思うと後味悪かったです。

『転居先不明』
確かに、こういういたずらって面白いかもしれません。
けどかなり悪趣味。
しかも仕掛けられたほうが結果的には災いを背負い込むことになる結末には不快になりました。

あ、ちなみに、後味悪いとか不快とか書きましたが、決して嫌いなわけではありません。
かなり好きですし、完成度も高いと思います。

余談ですが…窒息死が好き…?(汗)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『あ』行の作家さん

    Excerpt: 青木和雄、吉富多美、共著   ハッピーバースデー   http://50595192.at.webry.info/200703/article_92.html 青島幸男  人間万事塞翁が丙午 .. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-03-04 16:46
  • 『う』から始まる作家さん

    Excerpt: ウィリアム・ニコルソン  かしこいビル  http://50595192.at.webry.info/200807/article_53.html ウクライナ民話  てぶくろ  http:/.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-12-12 21:54