図書館内乱(有川浩/著)

『戦争』が思いの他おもしろかったので『内乱』も期待して読みましたが、私の期待は裏切られませんでした。
『戦争』はストーリーメインでしたが、こちらは登場人物そのものもメインになっていて、全ての主要キャラが好きな私はわくわくしながら読めました。
特に柴崎にスポットがあたっていたのはよかった。。。
私は柴崎みたいに美人でも聡明でもないけれど、共感できる部分が多く、寂しさや葛藤が心に染み入ってきてかなり感情移入しました。
堂上教官も、めちゃくちゃカッコいいのではなく、さりげなくステキなところがまたよい(笑)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『あ』行の作家さん

    Excerpt: 青木和雄、吉富多美、共著   ハッピーバースデー   http://50595192.at.webry.info/200703/article_92.html 青島幸男  人間万事塞翁が丙午 .. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-03-17 22:33