世界の歴史〈第1〉古代文明の発見 (1960年)(貝塚茂樹/編集)

読書コンクール課題図書を読むというマイブームの中でであった一冊。
これ、歴史に興味がある人にはたまらなく面白いんでしょうね…
書かれていることの一字一句に興味をかきたてられるんでしょうね…
…私にはとってもきっつい一冊でした。
なにしろ歴史、殊に世界史には全くといっていいほど興味がないので。
けど、小説は好きなので、歴史小説は読みます。
なので、既読の小説で舞台になっていた時代背景が描かれた部分にのみそそられました。
これが夏休みの読書感想文の必須図書だったら、私みたいな人間にはかなり厳しい。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『か』行の作家さん

    Excerpt: 貝塚茂樹  世界の歴史1 古代文明の発見  http://50595192.at.webry.info/200803/article_12.html 薫くみこ  あのときすきになったよ  h.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-03-06 22:14
  • 読書感想文コンクールの課題図書(中学校編)

    Excerpt: 子供の頃、夏休みに頭を悩ませた人は多いと思う読書感想文コンクールの課題図書。 読みたくもない本読まされる上に感想文まで書かされるという地獄の宿題(笑)。 あの頃はあんなにイヤだったのに、最近になっ.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-03-06 22:16