自由を子どもに (1973年) (岩波新書)(松田道雄・著)

最近の、教育系企業が出している、ベビー子供用品メーカーとのタイアップ育児書とは全く異なる、実に頼りになる一冊です。
こういう風にしなさい、とは一切書いてありません。
参考書でも模範解答でもなく、あくまでも指南書です。
そして恐ろしいことに、1973年の出版でありながら、今読んでも全く違和感がありません。
日本は、育児や教育の危機をこんなに昔から孕みながらも、もう長いこと放置しているんですね。
大人の都合のよいように育てることが正しいと書かれているたくさんのどんな育児書よりもすぐれた一冊だと思います。
今、子育てをしようとしているお母さんにおすすめの本を訊かれたら、迷わずこの本を教えようと思います。
ただ一つの懸念は、はっきり「こうしなさい」と書かれていないので、この本を読んで自分なりの指標を導き出せる人が多く入るのでは…と言うことです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『ま』行の作家さん

    Excerpt: マーグレット・レイ  どうながのプレッツェル  http://50595192.at.webry.info/200711/article_12.html 前田まゆみ  リボン♪ららら  ht.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-02-26 16:56