一瞬の風になれ 第三部 -ドン-(佐藤多佳子・著)

陸上はやりませんでしたが、走ることは大好きでした。
なので、自分のベストコンディションで走れた時の爽快感は、規模が小さいながらも分ります。
走っている時の描写には、心臓がバクバクとなりました。
予想通り「これっきゃないよね」というような大筋ではありましたが、カッコよくて清々しくてたまりませんでした。
新二と若菜の距離感にもドキドキしました。
できすぎのドラマなんですけどねー、なんでこんなにクサクないんだろう。。。不思議なほどの爽快感があふれていました。
ドラマになるらしいですが…見たくないなあ。
自分の中で出来上がったサイコーのイメージをぶち壊されそうで怖いので。
終わり方も、キラキラと輝いた希望に満ち溢れていてよかったです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『さ』行の作家さん

    Excerpt: 鷺沢萠  ビューティフル・ネーム  http://50595192.at.webry.info/200708/article_11.html  君はこの国を好きか  http://505951.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-02-22 23:37
  • 第136回直木賞候補作についての個人的ランキング

    Excerpt: 第136回の直木賞候補作を全部読み感想をアップしたので以下にまとめてみました。 ※『一瞬の風になれ』はまだ(1)のみ読了 Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-02-22 23:37