ろくべえまってろよ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)(灰谷 健次郎/さく・長 新太/え)

子供の教科書に載っていました。
短い中にも、簡潔できちんとしたドラマがある面白い絵本です。
一年生の子供たちが、知恵を寄せ合いろくべえを助けようとしたり励ましたりする姿がとてもいいです。
思わず「がんばれ!」と言いたくなります。
登場する大人たちの意地の悪い反応がたまらなく腹立たしく、かついかにもありそう苦笑させられます。
結末は読み手に委ねられる形で終わっているので読後も楽しめます。
小1の娘に、
「このあとどうなったと思う?」
と聞いたら、
「ろくべえもくっきーもちゃんと助かったと思うよ!」
と返事が返ってきました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『は』行の作家さん

    Excerpt: バージニア・リー・バートン  いたずらきかんしゃちゅうちゅう  http://50595192.at.webry.info/200712/article_7.html バーネット  小公女 .. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-02-21 16:42