活動寫眞の女(浅田次郎・著)

浅田氏の作品は、恋愛そのものをメインに描いたものよりも、恋愛をおかずにして人生を描いたものの方がおもしろいと思います。
私は映画というものに興味がないのですが、解説的な部分も読みやすく、「専門的な分野を描いた作品はその道に明るくない者にも優しくあるべき」と考える私にも非常に優しい作品でした。
ホラーっぽくありながら、ただ怯えさせるだけでなく、時代を反映した造りになっているところもさすがです。
三谷薫はきっと、青春の思い出を胸に秘めたごく普通のおじさんになったことと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『あ』行の作家さん

    Excerpt: 青木和雄、吉富多美、共著   ハッピーバースデー   http://50595192.at.webry.info/200703/article_92.html 青島幸男  人間万事塞翁が丙午 .. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-02-13 22:51
  • 浅田次郎の作品

    Excerpt: 浅田次郎  鉄道員(ぽっぽや)  http://50595192.at.webry.info/200703/article_27.html  姫椿  http://50595192.at.we.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-12-09 22:27