敵影(古処誠二・著)

前半、どこに意識を置いて読めばいいのか分からずに苦労しました。
1/3ほど読んだところで、『阿賀野』に焦点をあわせて読めばいいんだ!と思ったけど、それもなんだか若干的外れな感じ…。
個人では処理しきれない、戦争によって背負ってしまったものの重さに、必死で耐えたり抗ったり順応していく人たちの姿を追った話?
というのもなんだか違う感じがして…。
うーん、戦争を扱ったものとしては読み易くはあったと思う。
けど、私には読み取れるものがなかった…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『か』行の作家さん

    Excerpt: 薫くみこ  あのときすきになったよ  http://50595192.at.webry.info/200708/article_14.html 角田光代  対岸の彼女  http://505.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-02-18 16:12
  • 第138回直木賞候補策についての個人的ランキング

    Excerpt: 第138回の直木賞候補作を全部読み感想をアップしたので以下にまとめてみました。 Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-08-07 23:33
  • 『こ』から始まる作家さん

    Excerpt: 小池真理子  恋  http://50595192.at.webry.info/200703/article_57.html こいでやすこ  こんにちは おてがみです  http://505.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-01-11 14:22