世界のあいさつ (みるずかん・かんじるずかん―銀の本)(長新太・さく/野村雅一・監修)

世界にはいろんなあいさつがあるって知るにはいい絵本だと思います。
が、いかんせん絵が分かりづらいところがあります。
日本のあいさつに疑問を投げかけつつ、あいさつはやっぱり大事だね!と言うところに話が落ち着いているところがいいですね。
やっぱりあいさつは大事だと思います。
簡単で重要なコミュニケーションなんじゃないかなあ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年01月28日 13:43
こんにちは
あっちから飛んで来ましたsantosuです
読書好き 私も結構好きなんですよ
けど、読む分野が違う感じかな
本は図書館で借りるのでしょうか
私は、購入したり、お友達から回して
貰ったりして読んでいます

最近読み終えた本
「チーム・バチスタの栄光」です
サスペンス大好きなんです
よろしくお願いします
お茶々
2008年01月28日 14:56
こんにちは。
独身時代はやたら購入していたのですが、今は買わずに借りています。
本の好みって時代で変わったりしませんか?
私はすっかり現代恋愛者を読まなくなって、かつては毛嫌いしていた時代物を読むようになりました。
きっかけや環境の変化が影響するんでしょうね。
サスペンスは、昔は苦手でしたが、最近はそうでもなくなってきました。
日本のサスペンス、昔と比べると質が上がって量も増えたんじゃないかと私は思います。
2008年01月29日 11:27
日本のサスペンス、昔と比べると質が上がって量も増えたんじゃないかと私は思います。

そうねぇ
かなり質がよくなりましたよね
読む側も楽しみです
本はおっしゃるように年代、時代、環境
によってかなり違って来ると思います

時代物。未だにとっかかりが出来なくて・・・
それと、翻訳物もちょっと苦手かなぁ
最近は、読みやすい訳になってるようですね
お茶々
2008年01月29日 13:14
私のきっかけは、おそらく、私自身が年を取った事と(笑)、直木賞好きに気づいて受賞作を辿り始めたことだと思います。
翻訳物は、高校時代にちょこちょこ読んでましたが、最近はあんまり読まなくなりました。
翻訳物って独特の『調』がありますよね。
その独特の調がないほど訳されちゃってると興ざめしちゃいます。

この記事へのトラックバック

  • 『た』行の作家さん

    Excerpt: 大沸次郎  スイッチョねこ  http://50595192.at.webry.info/200711/article_6.html タカタケンジ  らくがきポック  http://5059.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-02-15 22:02
  • 『ち』から始まる作家さん

    Excerpt: 千葉昇 他  くらしの中のみぢかなぎもん図鑑  http://50595192.at.webry.info/200803/article_4.html 長新太  ごろごろにゃーん  http.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-01-11 14:24
  • 長新太の作品

    Excerpt: 長新太  海のビー玉  http://50595192.at.webry.info/200910/article_11.html  ごろごろにゃーん  http://50595192.at.w.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-12-09 22:56