やねのうえのもも (絵本・こどものひろば)(織茂恭子・作)

あー、私、こういうお話ダメなんです。
お話本来の持つ意味はそっちのけで、子供をきちんと理解しようとしない、子供に自分の非をきちんと認めない親が気になって仕方なくなってしまうので。
ももちゃんかわいそう。
おとうさんはもっとちゃんとももちゃんの気持ちを考えてあげないと…
親は子供に気遣う必要はないって考えがあるのかもしれないけど、やっぱりこういうのは不快だな…。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『あ』行の作家さん

    Excerpt: 青木和雄、吉富多美、共著   ハッピーバースデー   http://50595192.at.webry.info/200703/article_92.html 青島幸男  人間万事塞翁が丙午 .. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-02-21 18:03
  • 『お』から始まる作家さん

    Excerpt: 及川和男  いのちは見えるよ  http://50595192.at.webry.info/200804/article_27.html 逢坂剛  カディスの赤い星  http://5059.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-01-11 14:19