魔術はささやく(宮部みゆき・著)

この作品て、結構初期の頃のものですよね?
人物描写が密で丁寧なところは最初っからなんだな~と思いました。
けど、いろいろと盛り込んでいる割には使いきれていない感じがします。
もったいないな~なんて思っちゃいました。
この作品、前に一度読んだことがあるはずなのですが、タイトルを見ただけでは内容が思い出せず、読み進めても、ところどころおぼろげに記憶があるような気がするだけで、ついに最後まで思い出せぬまま読みきってしまいました。
終わり方にインパクトがないというか、物足りない感じがします。
独特の、なんともいえない冷たい風が、胸の奥をひゅーっと拭きぬける感じもなかったですし。
けどやっぱり面白いですね。
一気に読んじゃいました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『ま』行の作家さん

    Excerpt: マーグレット・レイ  どうながのプレッツェル  http://50595192.at.webry.info/200711/article_14.html 前田まゆみ  リボン♪ららら  ht.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-02-21 18:08
  • 『み』から始まる作家さん

    Excerpt: 三浦しをん  ロマンス小説の七日間  http://50595192.at.webry.info/200703/article_50.html  まほろ駅前多田便利軒  http://5059.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-01-11 14:34