わたしとあそんで(マリー・ホール・エッツ・文/絵・よだじゅんいち・訳)

穏やかな絵本です。
色使いもストーリーも優しく、にぎやかにがやがやするだけが『遊ぶ』じゃないんだなあ、と思いました。
一緒にいて楽しい、それだけでいいですね。
みんな幸せそうに微笑んでいるラストのページが特にいいです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『ま』行の作家さん

    Excerpt: マーグレット・レイ  どうながのプレッツェル  http://50595192.at.webry.info/200711/article_12.html 前田まゆみ  リボン♪ららら  ht.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-02-22 16:17