玻璃の天(北村薫・著)

シリーズの前作である『街の灯』よりも時代背景が濃かった気がします。
三話収められているのですが、最後の一話ではベッキーさんの素性がちょっと明らかになり、ベッキーさんファンにはぐっとくるシーンだったかも。
この先英子やベッキーさんがどんな運命を辿るのか興味津々です。
時代の波に呑まれてしまうのか?時代の波を乗り越えるのか?
ベッキーさん、私にとってホント魅力的な女性です。
そのベッキーさんのサポートで成長する英子の姿も輝いてます。
ベッキーさんが花村家に来たいきさつが語られる時はあるのでしょうか?
久々に、続編が待ち焦がれられる作品に出会いました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『か』行の作家さん

    Excerpt: 薫くみこ  あのときすきになったよ  http://50595192.at.webry.info/200708/article_14.html 角田光代  対岸の彼女  http://505.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-02-10 23:46
  • 第137回直木賞候補作についての個人的ランキング

    Excerpt: 第137回の直木賞候補作を全部読み感想をアップしたので以下にまとめてみました。 Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-04-27 17:22
  • 『き』から始まる作家さん

    Excerpt: きうちかつ  やさいのおなか  http://50595192.at.webry.info/200803/article_19.html 岸田衿子  かばくん  http://5059519.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-01-11 14:20