夏姫春秋〈上〉〈下〉(宮城谷昌光・著)

中国史が好きな人にはたまらない一冊だと思う。
私はどちらかというと苦手な分野だけど、自分なりに国や人をまとめながら読んだので、なんどか確認の時間は必要としたけれど興味深く読めました。
が、なぜこのタイトルをつけたのか疑問。
夏姫は確かに出てくるけど、決してメインじゃない、というか、このタイトルをつけたくて夏姫を登場させた?と思う作りになってます。
上下巻あったのですが、特に上巻は語り始めに出てくるもの、そのほとんどは時代背景を語るのに費やされていた。
確かに、ただ単に中国史を語るだけなら小説にはならないし、英雄ばかりにスポットを当ててもありきたりだからこんな風にしたのかなあ。
と、文句のようなものをつらつらと書いたけど…
面白く読めました。
中国史嫌いの私が、飽きもダレもせずに最後まで読みと通したんだから面白い本なのだと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 私が読んだ直木賞受賞作

    Excerpt: 私が読んだ直木賞受賞作メモです。 既読でも感想が載っていない作品には(無)と記入してあります。 もう一回読み直して感想をアップしたいなあ、とは思ってます。 Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2007-12-06 12:09