ポットくんとミミズくん (かがくのとも傑作集―どきどきしぜん)(真木文絵・文/石倉ヒロユキ・絵)

雨あがりの土の上とか、花壇を掘っていると出てくるミミズ、どこが頭なんだか分からないし、にょろにょろくねくねしてて気持ち悪いですよね。
けど、この本を読んでミミズのことを知ると、ミミズってえらいなあ、すごいんだなあと思って、嫌いな気持ちが減ると思います。
今日も土の中で自然のためにがんばってくれてるんだろうなあ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『ま』行の作家さん

    Excerpt: マーグレット・レイ  どうながのプレッツェル  http://50595192.at.webry.info/200711/article_14.html 前田司郎  恋愛の解体と北区の滅亡 .. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-02-11 00:17