ぼくを探しに(シルヴァスタイン・作/倉橋由美子・訳)

大人と子供では、楽しみ方が違う絵本の一つ。

大人には、哲学書。
子供には、形を楽しむ絵本。

どちらにしても面白いと言えると思います。

個人的には、最後にかけらを見つけて終わって欲しかったかなあ。
けど、見つからずに旅を続けるところがまた哲学なのかも知れませんね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『さ』行の作家さん

    Excerpt: 鷺沢萠  ビューティフル・ネーム  http://50595192.at.webry.info/200708/article_11.html  君はこの国を好きか  http://505951.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-02-21 18:04
  • 『し』から始まる作家さん

    Excerpt: JamaisJamais  O型自分の説明書  http://50595192.at.webry.info/200810/article_18.html  B型自分の説明書  http://5.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-01-11 14:23