車のいろは空のいろ 星のタクシー(あまんきみこ・作/北田卓史・絵)

『車のいろは空のいろ』シリーズのの最新作です。
2000年の出版とのことなので、子供の頃『白いぼうし』を教科書で読んだ世代は知らない方が多い作品かも知れません。

あまんさんのお話は、ぞくっとしても、そのあとにほんわかするのが特徴だと思うのですが、『ほたるのゆめ』だけはぞくっとしたまま終わり、ちょっと意外でした。

けど、ほんわかした感じは変わりなく、いつかは松井さんのタクシーに乗ってみたいなあ、と思いました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『あ』行の作家さん

    Excerpt: 青木和雄、吉富多美、共著   ハッピーバースデー   http://50595192.at.webry.info/200703/article_92.html 青島幸男  人間万事塞翁が丙午 .. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-02-16 22:18