車のいろは空のいろ 春のお客さん(あまんきみこ・作/北田卓史・絵)

空いろのタクシーを運転する松井さんが主人公の『車のいろは空のいろ』シリーズの新装版2冊目です。

これってもしや怖い話?というモチーフも、あまんさんの手にかかると、心温まるファンタジーになります。
個人的には『草木もねむるうしみつどき』がお気に入りですが、大人だからかな?
子供はどれが好きなんだろう?
自分が今子供だったらどれが好きなんだろう?
とふと思いました。

昔、教科書で読んだ『白いぼうし』を忘れられない方は是非どうぞ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『あ』行の作家さん

    Excerpt: 青木和雄、吉富多美、共著   ハッピーバースデー   http://50595192.at.webry.info/200703/article_92.html 青島幸男  人間万事塞翁が丙午 .. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-02-13 22:51