憧れ―Vol.2(日本文学館)

266人の266個の憧れが詰まった一冊です。

何を隠そうこの中に、私が書いた一編も収録されています。
どの作品かは、秘密です。
本名で採用されてしまっているので。

発刊は、昨年の9月だったっけかな?

残念なことにAmazonの商品検索にひっかかりませんでした。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック