ラチとらいおん(マレーク・ベロニカ作/絵)

子供の頃、夫が持っていた本です。

ラチくんはとっても弱虫な男の子ですが、ライオンと出会ったことによって変わっていきます。

うちの子も弱虫なところがあったので、このライオンとそっくりのライオンを作ってあげました。
我が家の場合、絵本のライオンとは違って、小さな赤いライオンはまだおもちゃ箱の底で眠っています。

けど、気持ちとしてはラチと一緒なのかな。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『ま』行の作家さん

    Excerpt: マーグレット・レイ  どうながのプレッツェル  http://50595192.at.webry.info/200711/article_14.html 前田司郎  恋愛の解体と北区の滅亡 .. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-02-14 16:37