恵比寿屋喜兵衛手控え(佐藤雅美・著)

江戸時代の民事訴訟の話。

現代物でも、刑事物より法廷物が好きな私は、やはり時代物でも、捕物よりもお白州物が好きなんだなあ、と思いました。

主人公の喜兵衛は、民事訴訟事の相談に乗る公事宿の主なのですが、ある日、彼の元に六助という男がやってくるところから話は始まります。
話が進むにつれ、喜兵衛が携わった他の訴訟にまつわる人物や、彼個人の人生や事情も絡んできて、事件はどんどん謎めいていきます。
それぞれの人物の思惑が絡み合い、とても読み応えがありました。

ただ事件が片付いていくだけでなく、登場人物ひとりひとりの思惑が丁寧に描かれていて、江戸時代の市井の暮らしがよく伝わってきました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 私が読んだ直木賞受賞作

    Excerpt: 私が読んだ直木賞受賞作メモです。 既読でも感想が載っていない作品には(無)と記入してあります。 もう一回読み直して感想をアップしたいなあ、とは思ってます。 Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2007-12-09 15:11
  • 『さ』行の作家さん

    Excerpt: 鷺沢萠  ビューティフル・ネーム  http://50595192.at.webry.info/200708/article_11.html  君はこの国を好きか  http://505951.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-02-21 18:04