團十郎切腹事件―だんじゅうろうせっぷくじけん―(戸板康二・著)≪消えた直木賞 男たちの足音編≫収録

「短編なぞ解き物」と呼んでいいのでしょうか。
中村雅楽という人物が、歴史上というには小さくて、過去というには大きい程度の、かつてあったことのなぞ解きを語る話です。
大どんでん返しがあるわけでもなく、とつとつと話は進むのですが、穏やかで品のある文章に魅力があるのでは、と思いました。
なぞ解きそのものとはちょっと違ったところにオチがあったのですが、私はそこが気に入りました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 私が読んだ直木賞受賞作

    Excerpt: 私が読んだ直木賞受賞作メモです。 既読でも感想が載っていない作品には(無)と記入してあります。 もう一回読み直して感想をアップしたいなあ、とは思ってます。 Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2007-11-28 23:43