虹(藤井重夫・著)≪消えた受賞作 直木賞編≫収録

戦争孤児が主人公ですが、つらく暗く悲しい話ではありません。希望があります。
夢見心地な雰囲気と現実的な部分とがあいまって、独特の空気が漂う作品です。
心がちょと下を向いたと気に読むと、もうちょっと頑張ってみてもいいかな~と、思えるようになるかも知れません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 私が読んだ直木賞受賞作

    Excerpt: 私が読んだ直木賞受賞作メモです。 既読でも感想が載っていない作品には(無)と記入してあります。 もう一回読み直して感想をアップしたいなあ、とは思ってます。 Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2007-11-28 23:43