刺青・面(富田常雄・著)≪消えた受賞作 直木賞編≫収録

『刺青』は、戦後の荒波に流されるまま生きた人たちの話。
『面』は、戦後を実感できないまま生きる人をめぐる話。
どちらにも一種独特の、不思議な雰囲気が漂っています。
静かに、けれども、激しさの潜む作品です。
ちなみにこの作者は、「姿三四郎」を書いた人だそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 私が読んだ直木賞受賞作

    Excerpt: 私が読んだ直木賞受賞作メモです。 既読でも感想が載っていない作品には(無)と記入してあります。 もう一回読み直して感想をアップしたいなあ、とは思ってます。 Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2007-11-25 17:06