ニューギニア山岳戦(岡田誠三・著)≪消えた受賞作 直木賞編≫収録

戦争小説と言っても切り口はいろいろとありますが、これは、前線を真っ向から扱った作品です。
戦うこと、生きること、死ぬこと、殺すことを、否定も肯定もせずに描いています。
作品紹介を読むと、この話は前半部分であり、本来は後半が書かれる予定で合ったらしいのですが、この作品が発表されたのが戦時下ということもあり、後半は書かれることはなく、その内容は、作者の講演によってのみ知られたようです。
戦争に対する作者の是非はこの作品にこめられていない(と私は感じました)分、読み手の解釈が問われる作品だと思いました。
とにかく、何人もの人が死に、何にもの人が殺されます。
戦争って何だろう、生きること、死ぬこと、殺すことってなんだろう…新しい発見はないかもしれませんが、自分の中にある思いと静かに向き合わさせてくれる作品だと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 私が読んだ直木賞受賞作

    Excerpt: 私が読んだ直木賞受賞作メモです。 既読でも感想が載っていない作品には(無)と記入してあります。 もう一回読み直して感想をアップしたいなあ、とは思ってます。 Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2007-11-25 17:06
  • 『お』から始まる作家さん

    Excerpt: 及川和男  いのちは見えるよ  http://50595192.at.webry.info/200804/article_27.html 逢坂剛  カディスの赤い星  http://5059.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-01-11 14:19