帰郷(海老沢泰久・著)

今まで本を読んできて、登場人物の格好良さに惚れこんだことは何度かありましたが、登場人物に嫌悪感を感じたのは初めてです。

私には、どうもダメでした…
特に、「イブニング・ライズ」「虚栗」は、ムカムカして堪りませんでした。
それがもし、作者の意としているところだとしたら、私は見事にはまってしまったのでしょうけど…

読後感、最悪でした。
この嫌悪感さえなければ、テーマやストーリー運びは好みなのですが…
読みながら、60年代の日本映画をイメージしました。
ちょっと無鉄砲で、奔放な感じが似ているな、と思っただけなのですが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 私が読んだ直木賞受賞作

    Excerpt: 私が読んだ直木賞受賞作メモです。 既読でも感想が載っていない作品には(無)と記入してあります。 もう一回読み直して感想をアップしたいなあ、とは思ってます。 Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2007-12-09 15:11
  • 『あ』行の作家さん

    Excerpt: 青木和雄、吉富多美、共著   ハッピーバースデー   http://50595192.at.webry.info/200703/article_92.html 青島幸男  人間万事塞翁が丙午 .. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-02-21 18:03
  • 『え』から始まる作家さん

    Excerpt: エウゲーニー・M・ラチョフ  てぶくろ―ウクライナ民話  http://50595192.at.webry.info/200703/article_83.html 江國香織  号泣する準備は.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-01-11 14:18