暗殺の年輪(藤沢周平・著)

どの話も重く暗い。
人生の闇と苦悩を描いている。
読後感は決してよいとはいえないのに、なぜか心を捉えて離さないものがある。
胸に忍び込むやるせなさは、時代を問わず人の胸のうちにあるからなのでしょうか。

それと、私の読み込む力がたりないせいか、分からないところがあるのだけど…
「暗殺の年輪」のラストで、なぜ徳兵衛の店に向かったのでしょうか?
馨之介の心の機微が読みきれず、残念。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 私が読んだ直木賞受賞作

    Excerpt: 私が読んだ直木賞受賞作メモです。 既読でも感想が載っていない作品には(無)と記入してあります。 もう一回読み直して感想をアップしたいなあ、とは思ってます。 Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2007-11-28 23:43
  • 『は』行の作家さん

    Excerpt: バージニア・リー・バートン  いたずらきかんしゃちゅうちゅう  http://50595192.at.webry.info/200712/article_7.html バーネット  小公女 .. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-02-21 18:08
  • 『ふ』から始まる作家さん

    Excerpt: 武鹿悦子  おひるねじかんにまたどうぞ  http://50595192.at.webry.info/200809/article_18.html 藤沢周平  暗殺者の年輪  http://.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-01-11 14:32