カッパのぬけがら(なかがわちひろ・作)

カッパが描かれている物語って、物悲しいものが多い気がします。
この本も、あっさりとはしていますがちょっと悲しい終わり方をします。

けど、途中の挿絵がすごくよかったです。
エヘン、という顔をしたカッパはかわいいし、働くカッパ1と2は笑いました。

実はおぼれてました。という流れでは、正直ちょっと「なんだ、やっぱりそうか」
と思ってしまいましたが、カッパが案外さくっと立ち直った感じが、なれっこなのかな~と思うとちょっと悲しかったです。

子供は「カッパかわいいね」と言っていました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『な』行の作家さん

    Excerpt: なかがわちひろ  カッパのぬけがら  http://50595192.at.webry.info/200703/article_84.html 中川ひろたか  かいくんのおさんぽ  http.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-02-11 00:05