GO(金城一紀・著)

在日コリアンが主人公の作品は、以前に鷺沢萠の作品を読んだことがあるのですが(他にもあるのは知っていますが恥ずかしながら読んでいません)、比較するとしたら、鷺沢作品はパステルカラー、GOはビビットカラーだと感じました。
重いテーマを、笑いを含み、さくっと読ませてしまうところは単純に「スゴイ」と思いました。
家族とのやり取りからは家族愛を、仲間たちとのやり取りからは友情を、恋人や生活の中で関わってくる人たちとのやり取りからは、”ただそう生まれついた”だけのために置かれた環境や起こる出来事に、向かい合う苦悩や受け入れようとする人間の強さを感じました。

この記事へのコメント

読書
2008年08月13日 14:02
はじめまして。いつもこのサイトに来させていただいています。この「GO」の管理人さんの「家族とのやり取りからは家族愛を、仲間たちとのやり取りからは友情を、恋人や生活の中で関わってくる人たちとのやり取りからは、”ただそう生まれついた”だけのために置かれた環境や起こる出来事に、向かい合う苦悩や受け入れようとする人間の強さを感じました。 」というコメントを読書感想文の参考にさせていただいてもよろしいでしょうか?
お茶々
2008年08月13日 14:33
>読書さん

はじめまして。
参考にするのは”あり”だと思うのでかまわないですよ ^^
自分の言葉に焼きなおしてステキな感想文を書いてくださいね。

この記事へのトラックバック

  • 私が読んだ直木賞受賞作

    Excerpt: 私が読んだ直木賞受賞作メモです。 既読でも感想が載っていない作品には(無)と記入してあります。 もう一回読み直して感想をアップしたいなあ、とは思ってます。 Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2007-12-10 22:33
  • 『か』行の作家さん

    Excerpt: 薫くみこ  あのときすきになったよ  http://50595192.at.webry.info/200708/article_14.html 角田光代  対岸の彼女  http://505.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-02-10 23:45