天切り松闇がたり(第2巻)(浅田次郎/著)

興味があるジャンルでは決してないのに、飽きずに最後まで読めてしまいます。
おそるべし浅田次郎氏。
天切り松の江戸弁と江戸気質がカッコいいです。
私は下町の端っこも外れの辺りで育ったのですが、昭和の後半でも確かに「心意気」ってありましたね~。

「情けをかけても恩はきせない」

今の日本人にはなくなってしまった美しさがこの本の中にはあります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『あ』行の作家さん

    Excerpt: 青木和雄、吉富多美、共著   ハッピーバースデー   http://50595192.at.webry.info/200703/article_92.html 青島幸男  人間万事塞翁が丙午 .. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-02-10 23:40
  • 浅田次郎の作品

    Excerpt: 浅田次郎  鉄道員(ぽっぽや)  http://50595192.at.webry.info/200703/article_27.html  姫椿  http://50595192.at.we.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-12-09 22:25