白球残映(赤瀬川隼・著)

うーん、直木賞受賞作に稀にみられる(と私は思う)のですが、モチーフ部分が強すぎるのではないでしょうか。
平たく言うと、野球に興味がない人の共感が得づらい気がします。(野球そのものがモチーフになっていない作品もありました)
私は野球が好きだったことがあるのですらすら読めましたが、試合の描写や試合風景の文の行間などを感じることができない方にはちょっとしんどいかも知れないと思いました。
短編集なのですが、共通するのは「まっすぐな心根を持った男」でしょうか。
個人的には「ほとほと…」の少年の、思春期ならではの妄想が笑えました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 私が読んだ直木賞受賞作

    Excerpt: 私が読んだ直木賞受賞作メモです。 既読でも感想が載っていない作品には(無)と記入してあります。 もう一回読み直して感想をアップしたいなあ、とは思ってます。 Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2007-12-09 15:11
  • 『あ』行の作家さん

    Excerpt: 青木和雄、吉富多美、共著   ハッピーバースデー   http://50595192.at.webry.info/200703/article_92.html 青島幸男  人間万事塞翁が丙午 .. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-02-10 23:38