海色の午後(唯川恵・著)

唯川恵さんが作家になるきっかけとなった、コバルトノベル大賞の受賞作です。
この作品が収録された、コバルトノベル大賞受賞作品集はとっくに絶版になっているのですが、直木賞取るとこういうものがでるのですね。

私が唯川恵さんを知った時には、すでにコバルトの読者年齢層が下がっていたため、主人公はどれも高校生ばかりだったので、
「おお、デビュー作の方が今の唯川作品にちかいじゃないの」
と思いました。

唯川恵さんのコバルト文庫作品、今でも大事に取ってあるのですが、あれはちょっと無理して書いてたのかなあ、なんて思いました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『や』行『ら』行『わ』行の作家さん

    Excerpt: やぎゅうげんいちろう  かさぶたくん  http://50595192.at.webry.info/200703/article_69.html 矢口敦子  もういちど  http://50.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-02-18 15:39
  • 『ゆ』から始まる作家さん

    Excerpt: 唯川恵  肩ごしの恋人  http://50595192.at.webry.info/200703/article_12.html  病む月  http://50595192.at.webry.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-01-11 14:35