雪が降る(藤原伊織・著)

藤原伊織さんは、頭は切れるけど愚鈍な男を描くのがうまいです。
しかも魅力的な人が多いです。
「頭が切れる」「愚鈍」
対極にありそうなこの二つを持つ人間って、現実にいたらどうなんだろう。
やっぱり魅力的なのでしょうか。

この本に収録されている「銀の塩」の主人公が、直木賞受賞作の「テロリストのパラソル」と同じと言うことで興味を持ち読んでみたのですが、他の話もとてもよかったです。
特に、表題作の「雪が降る」は登場人物たちの静かな思いが心に沁みました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『は』行の作家さん

    Excerpt: バージニア・リー・バートン  いたずらきかんしゃちゅうちゅう  http://50595192.at.webry.info/200712/article_7.html バーネット  小公女 .. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-02-21 18:08
  • 『ふ』から始まる作家さん

    Excerpt: 武鹿悦子  おひるねじかんにまたどうぞ  http://50595192.at.webry.info/200809/article_18.html 藤沢周平  暗殺者の年輪  http://.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-01-11 14:32