天才えりちゃん金魚を食べた(竹下龍之介・作)

幼稚園児が書いたとは思えない文章構成力と、幼稚園児らしい視線があいまった面白い作品でした。
私のツボに入ったのは、
天気を予報する才能をもつえりちゃん、だから天才えりちゃん、というところでした。

子供のために借りてきて、逆に子供に勧められた一冊です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『た』行の作家さん

    Excerpt: 大沸次郎  スイッチョねこ  http://50595192.at.webry.info/200711/article_6.html タカタケンジ  らくがきポック  http://5059.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-02-11 00:01