長崎ぶらぶら節(なかにし礼・著)

実在の人物をモデルに書かれた小説。
実際とは異なる部分もあるそうですが、愛八姐さんの人物像はよく再現されているそうです。
愛八姐さんの生涯としてはあまり明るい話ではなかったように感じましたが、小説全体の雰囲気としては、爽やかというか、いい意味で軽かったです。
けど、私がひねくれているせいでしょう。愛八姐さんの献身というか善良さをうそ臭く感じてしまいました。
あの時代には、愛八姐さんのような心意気を持った人間が少なからず生きていたのでしょうね。
いい時代でした。今だったら食い物にされちゃう気がします…。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 私が読んだ直木賞受賞作

    Excerpt: 私が読んだ直木賞受賞作メモです。 既読でも感想が載っていない作品には(無)と記入してあります。 もう一回読み直して感想をアップしたいなあ、とは思ってます。 Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2007-12-10 22:33
  • 『な』行の作家さん

    Excerpt: なかがわちひろ  カッパのぬけがら  http://50595192.at.webry.info/200703/article_84.html 中川ひろたか  かいくんのおさんぽ  http.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-02-11 00:06