続巷説百物語(京極夏彦・著)

「続」ということでしたが、時系列的には「挿」という感じ?
「巷説百物語」は、きっかけの出来事→仕掛け→種明かし、が淡々と描かれている感じでしたが、「続~」は闇のメンバーの人物像や背景が良く書き込まれていて、物語の世界に入り込みやすかったです。
それから…
又市に惚れました。(*^^*)かっこいいです。
元々「暗躍」が好きなので、悪でありながら聡明(頭が切れる)なところがとっても魅力的。
ところで、この次は「新巷説百物語」を読む予定なのですが、「続~」これ、完結しちゃってます。(よね?)
何が「新」になるんだろう…又様は出てくるんだろうか…(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『か』行の作家さん

    Excerpt: 薫くみこ  あのときすきになったよ  http://50595192.at.webry.info/200708/article_14.html 角田光代  対岸の彼女  http://505.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-02-10 23:46
  • 『き』から始まる作家さん

    Excerpt: きうちかつ  やさいのおなか  http://50595192.at.webry.info/200803/article_19.html 岸田衿子  かばくん  http://5059519.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-01-11 14:20