巷説百物語(京極夏彦・著)

直木賞受賞作の「後巷説百物語」を読むにあたって図書館で借りたのですが、その厚さにたまげてしまいました。
で、なんとか読みきりました。
なんていうか、頭脳派仕事人と言っちゃって良いのでしょうか。
話が分からないまま進んで、最後に種明かし、という手法なのですが、どうも私にはまどろっこしくていけませんでした。
加えて、裁いていく人たちのキャラが、濃いには濃いんだけど、ストーリー的には人物像がおぼろげな感じがしました。
そういう意味でいえば、最後の話、「帷子辻」は面白かったですが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『か』行の作家さん

    Excerpt: 薫くみこ  あのときすきになったよ  http://50595192.at.webry.info/200708/article_14.html 角田光代  対岸の彼女  http://505.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-02-10 23:46
  • 『き』から始まる作家さん

    Excerpt: きうちかつ  やさいのおなか  http://50595192.at.webry.info/200803/article_19.html 岸田衿子  かばくん  http://5059519.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-01-11 14:20